事務局からのお知らせ

総数 : 656 件中 11 〜 20 件目を表示しています。

長崎大学卒業式及び経済学部卒業記念パーティーが開催されました(2024.3.25)

3月25日、長崎大学卒業証書・学位授与式が長崎ブリックホールで執り行われ、その後、経済学部卒業式が学部講堂で執り行われました。経済学部卒業式では、喜多村会長から卒業生・修了生の新たな門出に向けて祝辞が述べられました。
引き続き、経済学部卒業記念パーティーが開催され、卒業生・修了生は仲間と共に希望に満ちた笑顔を見せていました。
経済学部からは、学部305名、大学院12名の合計317名が巣立っていきました。
皆さんの今後の洋々たる前途を祈りたいと思います。



公開日:2024-03-26

このページの先頭へ戻る

Nagasaki Walksガイド研修会を実施(2024.3.20)

瓊林会の公益事業として展開している英語ガイドの研修会を、3月20日にアマランスで10名のガイド参加のもと実施しました。

前半は、座学でHP改修内容やガイド料金改定を説明し、ガイドの方の実施体験をもとにお客様を満足させる上でのポイント等の意見交換を行いました。
後半は、実際に外に出て「まち歩きコース」の中島川石橋群や寺町をまわり、歴史的知識を深めると共に、お客さんに推奨する和食・洋食・喫茶店などの食事場所の紹介を行いました。



公開日:2024-03-25

このページの先頭へ戻る

令和5年度第3回理事会が開催されました(2024.3.14)

令和5年度第3回理事会が3月14日TOTO本社(北九州市)で開催されました。
理事会では、令和6年度事業計画・予算書について決議がなされました。
また令和5年度活動計画実施状況、令和5年度会費納入状況、及び若手会員による瓊林会活性化議論の経過について報告がなされました。併せて令和7年度に経済学部創立120周年を迎えますので、それに向けた意見交換を行いました。
理事会終了後は、瓊林会が現在実施している金融市場体験学習に代わるものとして製造業体験学習の企画検討に向け、役員によるTOTO小倉第一工場・TOTOミュージアム見学を実施しました。

公開日:2024-03-22

このページの先頭へ戻る

V・ファーレン長崎「ホームゲーム観戦チケット引換券」プレゼントのお知らせ

瓊林会では、サッカーチーム「V・ファーレン長崎」の後援をしております。
今年も後援会会員の特典として「ホームゲーム観戦チケット」が送られてきましたので、瓊林会会員の皆様にご提供したいと思います。
ご希望の方は、下記要領にてメールでご応募下さい。
(※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)

V・ファーレン長崎 
ホームゲーム観戦チケット引換券プレゼント
 
ペアチケット 2組  年間共通券(A指定席)

〇応募方法:下記項目を記入の上、メールで応募してください。

   ‖寛鵝覆泙燭和感版)
   ∋疚
   M絞愴峭
   そ蚕
   ヅ渡暖峭
  
〇メール宛先: info@keirinkai.or.jp
           
〇応募締切:4月8日(月)

〇当選発表:チケットの発送をもって代えさせていただきます。
 (4/19までにお届けする予定です)      

公開日:2024-03-22

このページの先頭へ戻る

3月に退職される福澤勝彦教授、丸山幸宏教授、深浦厚之教授の最終講義実施(2024.3.7)

本年度で退職される3名の先生方の最終講義が下記要領で実施されました。
会場には、経済学部の先生方や学生また瓊林会会員など多くの受講者が集まり、最後の講義を熱心に聴き入っていました。

〇日時:2024年3月7日(火)
〇会場:経済学部・新館101講義室

[プログラム]
1)13:00〜14:00 講演者 福澤勝彦教授
 「経済学部での歩みを振り返って」
2)14:10〜15:10 講演者 丸山幸宏教授
 「数理最適化とともに…34年の歩みと現時点」
3)15:20〜16:20 講演者 深浦厚之教授
 「貨幣を追いかける」

※詳細は経済学部HPをご覧ください。
https://www.econ.nagasaki-u.ac.jp/news/2024/03/2024.03.07b.html

公開日:2024-03-15

このページの先頭へ戻る

3月に退職される福澤勝彦教授、丸山幸宏教授、深浦厚之教授の最終講義のご案内

本年度で退職される3名の先生方の最終講義が下記要領で実施されます。
瓊林会会員の皆様も是非最終講義へご参加くださいとのご案内をいただいておりますので、皆様の奮ってのご参加をお願いいたします。
尚、オンラインでの参加も可能とのことですので、詳細は添付ファイルをご覧ください。

〇日時:2024年3月7日(木)13:00〜16:20
〇会場:経済学部・新館101講義室

[プログラム]
1)13:00〜14:00 福澤勝彦教授
「経済学とは何だろうー経済学部での歩みを振り返って」

2)14:10〜15:10 丸山幸宏教授
「数理最適化とともにー34年の歩みと現地点」

3)15:20〜16:20 深浦厚之教授
「貨幣を追いかける」

公開日:2024-02-13

このページの先頭へ戻る

瓊林会元会長 福地茂雄様がご逝去されました(2024.1.29)

2024年1月29日、瓊林会元会長の福地茂雄様(学5回)が89歳でお亡くなりになりました。

福地様は、昭和32年3月に長崎大学経済学部をご卒業後、日本経済界を代表する企業経営者の一人として、幅広い分野で活躍され顕著なご功績を挙げてこられました。アサヒビール株式会社社長・会長、NHK会長等を歴任、一方、芸術文化にも力を注がれ、東京芸術館館長、新国立劇場運営財団理事長を歴任されており、日本の芸術文化界にも多大の貢献をされてこられました。

瓊林会においては、2001年から7年間、瓊林会会長を務めていただきました。
2005年の母校創立100周年記念事業の時は会長として、創学2世紀入りに向けて「知の世紀」に「こころに残るもの」の方針のもと100周年事業を盛大に執り行われました。
包容力があり温かく人間的魅力に溢れておられた福地様は、私たち瓊林会会員にとって心の拠りどころであり、燦然と輝く星のような存在の方でした。
福地様の瓊林会に対するご功績は、言葉に尽くせぬほど計り知れないものがあります。

瓊林会の発展に貴重なご指導、ご支援を賜りましたことに深く感謝を申し上げますとともに、ご生前の数々のご功績を偲び、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2020年10月、瓊林会館の前にて
創立100周年記念碑(経済学部講堂前)
福地様が高商校歌「暁星淡く瞬きて」への想いを書かれました

公開日:2024-02-06

このページの先頭へ戻る

令和5年度キャリアデザイン講座「地元関連企業」を実施しました(2024.1.24)

令和5年度キャリアデザイン講座:第4回「地元関連企業」が、瓊林会会員下記2名の方を講師として約120名の学生を対象に実施されました。

学42 松尾 由美様 
長崎県県民生活環境部 男女参画・女性活躍推進室 室長
学61 古川 峻也様
社会医療法人財団白十字会 耀光リハビリテーション病院 
事務課 主任

松尾様に対しては、長崎県庁に就職された理由、離島を多く抱える長崎県の人事異動状況やそれに対する心構え、仕事上の遣り甲斐や県庁における女性活躍の状況など多くの質問が出されました。また公務員試験の勉強法、更には現在長崎県が抱えている課題とその対応についても質問が出されるなど、幅広い内容の講座となりました。

古川様の勤務する白十字会は、佐世保地区や福岡地区を拠点に33の医療・介護施設を所有し急性期医療から在宅介護サービスまで地域の医療介護サービスの中核を担っている医療法人です。これまで地元関連キャリアデザイン講座においては、医療法人に勤務されている講師はいなかったため、学生からは新鮮な感覚で入社動機や業務内容、また働き甲斐、仕事を通して誇りと思っていること、更には待遇についてなど幅広い質問がなされていました。

講師の方々は、学生からの質問に対して一つひとつ丁寧に思いをこめてお話しになり、学生にとって貴重かつ大変有意義なキャリアデザイン講座となりました。


公開日:2024-01-25

このページの先頭へ戻る

令和5年度キャリアデザイン講座「製造業」を開催しました(2023.12.20)

キャリアデザイン講座第3回目「製造業」が、藤井廣樹氏(下記参照)を講師として経済学部学生約100名を対象に開催されました。
藤井氏は、学生による事前質問29項目全てについてコメントを文書化し学生に配布され、それを踏まえた講義で、学生目線にたち実体験を踏まえた具体的、丁寧な説明をされていました。製造業として品質の優れた製品を世の中に提供し続けることで社会生活レベルを向上させていくことの誇りや遣り甲斐、また人生100年時代における仕事・人生に向かう大切な心構えなど貴重な話がなされました。
学生の就職活動については、積極的なOB・OG訪問などで的確な企業情報入手の重要性や常にチャレンジ精神を持って取り組むことの大切さなどが話され、学生に対する熱い思いの講座となりました。

<講師>藤井廣樹さん(学23)[瓊林会北九州支部 支部長]
    パナソニック株式会社OB

公開日:2023-12-25

このページの先頭へ戻る

会報誌「瓊林」143号が完成しました

寄稿をいただいた会員の皆様、経済学部また広告各社様等々の支援を得て完成の運びとなりました。ご支援をいただきました皆様に深く感謝と御礼を申し上げます。
会員の皆様のお手元には12月末までにお届けする予定です。
(今号の掲載内容は添付ファイルの通りです)

公開日:2023-12-25

このページの先頭へ戻る