事務局からのお知らせ

総数 : 650 件中 641 〜 650 件目を表示しています。

「瓊林」第102号発行

長崎大学経済学部の同窓会組織、「瓊林会」が、このほど会報の「瓊林」第102号を発行した。今回は、昨年度後半に開かれて好評だった「トップセミナー」についての特集が組まれている。
(目次から)
・通常総会ご案内
・会長挨拶「知の世紀」へのプレゼント
・学部長挨拶
・経営トップセミナーを受講して
・随想
・全員集合
・瓊林文芸
・楽しいコーナー
・若い力「インターネット倶楽部の活動状況と今後の展開」
・同期の集い
・支部だより
・合掌
・慶弔
・学園だより「準夢大賞で経済学部生が表彰される」
・本部だより
・叙勲
・寄贈図書 
 

公開日:2003-05-15

このページの先頭へ戻る

3年生向けの就職ガイダンス始まる

就職に関するガイダンスが14日スタートし、第1回目は就職相談室の湯籐相談員による、就職相談室の使い方の説明があった。
この日のガイダンスには、3年生を中心に約140名の学生が参加。就職活動に向けた心構えなどを、藤田学生委員長が話されたあと、資料の場所、相談室利用上の注意点から、求人票を出してくる企業はどういうところなのか、就職活動をはじめるにあたって、友人や親とよく話をして自分の性格を知ることからはじめなければならないといった話をしていただいた。
このガイダンスは、今後も水曜日の4時からの時間帯に行われることになっているので、3年生は学務係前の掲示に注意してもらいたい。
(写真は、お話をされている湯籐相談員。「おばちゃん」じゃなくて、「ゆとうさん」って声を掛けてくださいね。」) 
 

公開日:2003-05-14

このページの先頭へ戻る

交通安全講習会に多数の学生が参加

4月25,26の両日、文教キャンパスと片淵キャンパスでそれぞれ交通安全講習会が行われた。この講習会は毎年行われているのもので、経済学部においては各サークルに参加を義務づけているほか、参加が車の入構許可証の許可条件となっているため、多数の学生が参加した。

公開日:2003-04-26

このページの先頭へ戻る

新入生合宿が行われる

4月12日から13日まで、雲仙で新入生を対象とした合宿研修が行われた。今回は、夜間主の学生をのぞき「授業」として単位認定されることになった。
文教の中部講堂からバスで仁田峠へ登り昼食。その後、大学生活についてのオリエンテーションがあり、夜は上級生を交えて班別にディスカッションが行われた。
入学したばかりで何もわからない新入生が、一緒に1泊2日行動することで、安心して学生生活をはじめられるいいきっかけになったのではないだろうか
 

公開日:2003-04-13

このページの先頭へ戻る

新館が完成 東南アジア研究所も改修

かねてから工事が進められていた新館がこのほど完成した。講義室、院生研究室、ゼミ室などが備わっており、授業やゼミ等でさっそく活用されそうだ。1階には、談話スペースや喫煙スペースが設けられ、空き時間に友達と自習したりすることもできる。
また、築30年ほど経過していた東南アジア研究所も改修がおわり、見違えるほどきれいになった。ここには、先生方の研究室や資料庫などが備わっている。
東南アジア研究所が工事中の間、先生方が一時仮の研究室として使っていた生協裏の建物は、ゼミ棟として利用される。
一連の工事が終了し、経済学部の風景が一変した感がある。
 
 

公開日:2003-04-11

このページの先頭へ戻る

母校謝恩会のご案内

母校謝恩会のご案内 
 
本年度の卒業式と謝恩会が下記のとおり行われます。 謝恩会の実行委員長の坂口正史君から瓊林会会員への出席依頼がありました。 謝恩会は昨年度から福地会長も出席されて、OBからもかなりの出席があって盛会でした。 4月から新会員となる卒業生との懇談は同窓会の発展に取って大きいチャンスです。 ウイークデーなのが残念ですが、同窓生諸姉の積極的参加をお待ちして居ます。 福地会長も参加致します。 
 
               記 
 
○日 時 15年3月25日(火) 15:30〜18:00 
○会 場 長崎グランドホテル 
○会 費 ¥3,000− 
尚、当日13:20から卒業証書授与式が母校大講義室で行われます。 
 
                         以 上
 
                    (社)瓊 林 会
                  事務局長 一ノ瀬 剛
              TEL: 095−821−4567
              FAX: 095−821−4569 
 

公開日:2003-03-07

このページの先頭へ戻る

母校で花見のご案内(3月9日)

         母校で花見のご案内
 
 
寒さも啓蟄を過ぎて和らいできました。桜の息吹が聞こえて来るようです。恒例の花見会を今年も予定して居ります。 皆様のご参加をお待ち致します。マンドリン演奏で長崎の歌を歌いましょう。ソフトバレー、キャッチボール、バドミントン等童心にかえるのも楽しいですね。 
 
              記 
 
○日 時 15年3月29日(土) 正午 花見開始!
       スポーツは10時から出来ます。 
○場 所 母校中庭ほか 
○会 費 ¥2000− 
 
                          以 上
 
                     (社)瓊 林 会
                   事務局長 一ノ瀬 剛
              TEL: 095−821−4567
              FAX: 095−821−4569 
 

公開日:2003-03-07

このページの先頭へ戻る

平成14年度 第2回 支部連絡会開催のお知らせ

第2回 支部連絡会開催のお知らせ 
 
                瓊林会事務局長 一ノ瀬 剛 
 
              記 
 
○日 時 平成15年2月22日(土)12:00〜15:00 
○会 場 ホテルステーションプラザ 
○場 所 福岡市博多区博多駅前2−1−1 TEL.092−431−1211 
議題
1 100周年記念行事
2 トップセミナーの報告
3 ホームページの改正
4 支部の交流
5 各支部から提案、現況報告等
6 その他
 
 
出席者
本部  福地会長 井手専務理事 藤木常務理事 高野常務理事 前田監事
東京  光永支部長 小川事務局長
名古屋 浜屋支部長
大阪  後藤支部長  古賀泰夫 粟津事務局長
下関  小川昭文
北九州 小出副支部長 山匠
福岡  釜支部長   河島事務局長 山金重
筑豊  亀田支部長
大牟田 堺事務局長  杠正治
久留米 中村支部長 飛永雅之 梯行一
熊本  池田事務局長
鹿児島 田中支部長
佐賀  糸山事務局長
佐世保 橋口佳周 永石浩一郎
諫早  森支部長
長崎  湯藤康子
本部  一ノ瀬事務局長 
                           以上 
 

公開日:2003-02-14

このページの先頭へ戻る

平成14年度 第二回 学生・OBとの懇親会

学生・OBとの懇親会 
 
平成15年1月10日
瓊林会事務局長 一ノ瀬 剛 
 
※当日の写真
 http://students.econ.nagasaki-u.ac.jp/pictures/keirin0301/
 
今期最大のイベント、トップセミナーもあと2回を余すのみとなりました。
福地会長のご尽力の賜物で地元に大きな反響を呼び起こし、毎回600人を超す学生たちが瓊林会からの『心に残る贈り物』を真摯に受け止めて感想文を学校に提出しております。
一流企業トップの講義のなかから、第2第3のトップの誕生を期待しております。そこで、『第2回学生、OBの交流会』を開催します。今回はOB/OG50名以上の参加を期待しています。長崎市内は勿論、県内県外の同窓生のご参加大歓迎です。
松尾長生氏(44回)、山口純一郎氏(学29)の講話を予定しています。
学生はゼミ、クラブ等の呼びかけで100名前後は集まるでしょう。
昨年6月の第1回は「若人の息吹」に接して楽しい時間を過ごしました。
皆様のご参加お待ちしています。
 
 
 
※当日の写真
 http://students.econ.nagasaki-u.ac.jp/pictures/keirin0301/ 
 

公開日:2003-01-10

このページの先頭へ戻る

平成14年度 第一回 OBと学生の懇親会開催報告

去る6月29日、本年度事業計画にも採択されている学生との交流の第一弾として、学生70名とOB50名が一堂に会し、懇親会を行った。 
 
会は、OBによる講話、アトラクション、パーティーの三本立とした。
 
平成14年7月10日
 
                      本部 一ノ瀬 記
 
○日 時
 
 6月29日(土) 17:00〜20:00        
 
 
○会 場 
 
 出島ヘトル部屋(史跡和蘭屋敷内)  
 
○講 話 
 
 武藤和義氏(学11)  元十八銀行取締役人事部長(囲碁名人級 )
 
 
〇アトラクション
 
 
コーラス・…→井手清三氏(学5)外3名 グリークラブOB ・
マンドリン・→中村文隆氏(学13)外15名 マンドリンOBクラブ          
◎懇親会(パーティー) 
 
 18:00〜20:00 
 
 
事前の呼びかけで、OBの出席50名は確定したが、さて学生が本当に来てくれるだろう かが、稍々心配だった。
 
ゼミナール委員長の坂口君、サークル幹事会議長の本松君に 依頼し、又学内の瓊林会コーナーに募集のポスターと出席者名簿を置いた。 ところが名簿の記入は前日まで10数名。ゼミの方もあやふや。 
 
頼るは、サークルのみと甚だ心細い限りだった。 
 
「ままよ。真逆の時は、OBだけの懇親会へ切りかえよう。」とまで思っていたが、 ぎりぎりになって、サークルから35名出席との返事があって一安心。 合計100名出席との予想を樹てた。
 
そうなると、パーティーの場所が狭くなる。 パーティーは始め予定した会場へトル部屋(長崎市の多目的ホール)で講話、コーラ ス、マンドリンを行った後、長崎グランドホテルへ急きょ変更した。
 
最終的には、これが決め手となった。何と終わり迄テーブルに料理が残っていた。 やはり食足りて人間は落ち着くものらしい。
 
飲み物は福地会長に全面的にお世話に なった。武藤氏の講話は自身の体験を中心に社会人となる心構えを話して、ユーモア を交え、学生に非常に好評だった。 
 
コーラス、マンドリン演奏も交流会に花を添えた。 会場のあちこちで老紳士と女子学生との会話の輪が出来ている。 
 
男子学生と役員さんがビールを飲んで談笑している。更にOB同志、学生同志の会話も はずんで、時は流れ、あっという間に別れの時が来た。
 
最後は校歌。 大きな輪になって、冨永武久氏(学3)の巻頭言で「暁星淡く」を力強く合唱。 別れを惜しみながらの散会となった。 後日談となるが、「次回は参加が倍増しますよ。」「自分達も行って良いのかな。」 と1,2年生。「アクシデントで行けなかったが、次回は必ず行きますよ。」と学生担 当の  藤田教授。
 
出席したOB達の感想も良好だった。   
 
尚、出席出来なかったOB56名の方から¥97,000の寄付をいただいた。  「ありがとうございました。」  次回は10月上旬に行いたいと思いますので、積極的ご参加をお願いします。                         
                            以上               
 
 
当日の写真: http://www.keirinkai.or.jp/honbu/gakusei-ob-konsinkai-2.htm
 
 

公開日:2002-07-10

このページの先頭へ戻る