事務局からのお知らせ

総数 : 656 件中 601 〜 610 件目を表示しています。

本部便り

12月
 
◎ 福地会長はNHK会長にご就任!
12月22日の新聞紙面にとんでもない朗報は飛び込んできた。
衝撃が走った。
思わず目を疑った。「凄い」が第一感。
何故か目頭が熱くなった。
「本当?」当然の疑いがある。
記事を読んで一応は納得した。
NHK会長を決める運営委員会委員長を富士フイルムホール
ディングス社長の古森重隆氏が務めておられた。
お互いに信頼しきった素晴らしい人脈である。
古森委員長は、タガのゆるんだHNKを再建するには会長は
経済界の重鎮の数多く交渉を重ねられた上に福地会長が再適任であるとの結論を出された。
「三顧の礼」ならぬ就任依頼が繰り返された。
福地会長は再三、再四の固辞の後に「人生最後で最大の仕事と
念じて引き受けた」と言われた。
この快事は正に天からの論功功賞だと思う。
若しも福地会長なかりせば母校百周年事業はどうなっていたろうかとあらてめて思う。
オーバーに言えば、北條時宗の再来とも言えるでしょう。
瓊林会会員一万数千人が全力をあげて福地会長を応援いたしま
しょう。
◎ 瓊林111号発行
なかなか難産ではあったが「あとがき」に記したように良く出来て
いた。
相変わらず女性や若い人からの原稿は少なかったが、筑豊支部
の方から いただけた。支部総会の折にお願いした方だった。
外にも「次回には必ず」との返事もいただいた。
全く外部の方から「瓊林」は優れている。有料でも良いから送って
欲しいとの希望もある。
皆さんからの原稿が少なければ年2回発行は難しくなる。
伝統ある会誌「瓊林」を応援してください!
 
▽ 来月の予定
1月15日 在住長崎支部役員 新年会
1月25日 福地会長NHK会長に就任
 
 
 

公開日:2008-01-10

このページの先頭へ戻る

福地新NHK会長 万歳!

福地会長はNHK会長に就任された。
・就任の言葉
『人生最後で最大の仕事として取り組む。
企業は人なり。職員に気持ちよく働いてもらうためには
軸足がしっかりしていれば良い。
形のないものを届ける事は人材の重みが大きい。
発信する使命の重さに意義を感じて引き受けた。』
・総務省幹部談
「考える中でベストの結果であると思う。」
 
未知の世界が拡がっており、至難の業務ではあるが
福地会長ならば充分やりこなせると思う。
 
 福地新NHK会長 万歳!
 
 

公開日:2007-12-26

このページの先頭へ戻る

本部便り

11月
 
○ 青春寮歌祭
平成5年に始まって今年で15回目となる。
母校は14回に出場している。
参加校27校中、提唱者の北海道大学始め佐賀大学、福岡大学、
早稲田大学明治大学等10校が連続15回出場している。
11月17日(土)佐賀交流センター「エスプラッツホール」で行われた。
母校は急遽出張先から駆けつけた福地会長以下80余名が
出場した。
勿論参加27校中最大で雛壇に上がりきれない勢いである。
いよいよ本番、糸山リーダーの美声溢れる巻頭言と指揮のもと、
一糸乱れず校歌「暁星淡く」応援歌「三山緑」の合唱は満場の喝采と賞賛を浴びた。
初参加の学生は旧制高校生愛用のマントを身に付けて好奇心半分
不安半分で雛壇最前列で校歌を絶唱した。
各校の平均参加者数は15、6名だろうか
母校は先ず参加者数で他校を圧倒した。
森支部長(学5)、糸山幹事長(学33)藤松実行委員長(学34)始め
佐賀支部更には福岡、大牟田等近郊支部のご協力の賜物と
深く感謝いたします。
遠くは大分、熊本、宮崎、鹿児島からも参加していただいた。
長崎でもマイクロバスを予約して学生の大挙参加を計画したが、
自分達の経済祭の準備で大台百名参加野夢は達成出来なかった。
急遽OBに助けを求めて80代の老婦人から10代の剣道部員まで
総勢17名(学生5名)が車中での「暁星淡く」「三山緑」の発声練習をやりながら楽しく道中を楽しんだ。
来年もマイクロバスでの参加を企画したい。
皆さんも参加されませんか。
多くの大学の校歌斉唱、愛校心が体験できてなかなか楽しいもの
ですよ。
もう一つの寮歌祭について。
10月8日(体育の日)日本寮歌祭が東京新宿で挙行されたが
瓊林会から野田操氏(高商37)渡辺凱昌氏、平塚広光氏、
田尻信夫氏(いずれも学3大宰府市、福岡市、人吉市在住)
中西新一氏(学23横浜市在住)の5名が参加された。
早稲田大学が友情出演してくださった。
11月に亡くなられた高比良洋一氏夫人が早稲田大学出身
とのことであった。
昨年の佐賀寮歌祭に参加された中西さんと渡辺さんとの
約束で実現した。
来年はこちらも大挙参加しましょう。
○ 宮崎支部総会 11月3日 熊本支部総会11月10日開催
いずれも福地会長、井手専務理事が出席された
先に行われた広島支部総会もあわせて福地会長は全支部総会に
出席された。
○ 百周年募金
西九州倉庫株式会社(社長 辻洋三氏学4)から30万円提供があり
瓊林会は広告費として受け入れた。
○ 母校推薦入学試験 11月30日実施 定員50名
 
 来月の予定
○ 推薦入学合格者発表
○ 会誌「瓊林111号」発行 15日発送
 
 

公開日:2007-12-10

このページの先頭へ戻る

推薦入学 及び 3年次編入学の皆様へ

長崎大学経済学部!合格おめでとうございます。
 
すぐにお宿が必要ですね
母校の同窓会が女子寮を持っています!!
※経済学部より徒歩3分
 セキュリティーシステム採用
 エアコン完備
 
 インターネット使用料は要りません
 入居者は経済学部女子学生のみ12名
 今春6名の卒業によって5室(一室は決定)空きます。
 
 構  造:鉄筋コンクリート造り3階建て
 部屋数:全12室
 間取り :21.45屐.錺鵐襦璽
 家  賃:¥49,000−
 敷  金:¥100,000− 入居時
 設  備:エアコン、ユニットバス(シャワー付き)
       天然ガス、水洗トイレ(ウォシュレット)
       警備保障設備、有線テレビ放送
       無料でインターネットが使えます。
 
▽お問合せは下記へ どうぞ
 
 社団法人 瓊 林 会
 事務局長 一ノ瀬 剛
 
 .  095−821−4567 
 夜間は .095−826−4916
 FAX.095−821−4569 24時間OK!
 
   
 
 
 
 

公開日:2007-12-06

このページの先頭へ戻る

本部便り

10月
 
〇学部新学期始まる
 学生たちが長い夏休みも終って学校へ帰ってきた
 充分に充電した頭脳と身体で勉強にいそしんでもらいたい
〇経済学部主催秋季公開講座開催
 世界と日本の経済動向
 会場 経済学部新館209号演習室 募集人員30名
     受講対象者:一般市民 受講料 6,200円
回      期日                      題 目                       講 師
1  9月28日(金) 2007年の中国経済の動向 井手 啓二
                                             (長崎大学経済学部教授)
2 10月5日(金) EU経済―拡大と深化  成田  真樹子
                                        (長崎大学経済学部准教授)
3 10月12日(金) 浮上するインドの政治・経済 立山 杣彦
                                            (長崎大学経済学部教授)
4 10月19日(金) グローバリゼーションの光と影 田口 信夫
                                               (長崎大学経済学部教授)
5 10月26日(金) 日本経済と東南アジア 成田 康夫 
                                             (長崎大学経済学部教授)
6 11月2日(金) 大統領選と韓国の社会・経済動向 郷野 博 
                                             (青雲学園中・高等学校教諭)
7 11月9日(金) 中欧諸国の経済動向 青山 繁
                                           (長崎大学経済学部教授)
〇文部科学省へ公益法人概況調査票提出
〇瓊林111号の原稿締切
当初原稿が少なく心配したが期日には立派な原稿が集まった
〇全国同期大会開催 今月は多かった
・ 経専40回 不惑会 参加者 40名 母校にて慰霊祭 
                                                      富貴楼で懇親会
・ 経専42回 揺風会  〃   35名 出雲神社
・ 学部  1回       〃   25名 千葉県長生郡長柄町
                                                    大リゾート地区
・ 学部10回 学燈会  〃   65名 伊勢・鳥羽 伊勢神宮参拝
・ 学部11回 イレブンクラブ  50名 メルパルク東京
・ 学部12回 互輪会 参加者 68名 長崎 花月
〇鹿児島支部総会 11月27日(土)
〇日本寮歌祭 東京 新宿NSビル
 中西新一(学23 横浜市)の呼びかけで野田操氏(高商3回) 
   田尻信夫、平塚廣光、渡辺凱昌の各氏(学3 人吉市、
筑紫野市、太宰府市在住)
 早稲田大学の友情出演がありがたかった 
 中西氏は昨年単独参加された由
 来年は大挙して参加しようではありませんか
〇グリークラブ 公開練習 母校大講義室 42名
〇長柔会全国大会 10月27日
〇経済学部AO入試 受験生13名 募集人員5名
〇学生主催 バーベキュー大会 OB 15名参加 
 母校中庭にて 学生、教授
 
▽ 来月の予定
  宮崎支部総会 11月 3 日 17:00〜宮崎観光ホテル
   熊本支部総会 11月10日 18:30〜熊本交通センターホテル
    ※ いずれも福地会長、井手専務 出席
   佐賀寮歌祭  11月17日 16:00〜 エスプラッツホール
             佐賀市白山2−7−1 0952−40−0560
   福地会長参加 百名参加を目指して佐賀支部奮闘中
   ご協力ください
   学部3回全国大会 11月12日〜13日 二日市温泉
   マンドリンクラブ演奏会
   島原市文化会館大ホール 11月25日 14:00〜
                                         以上
 
 

公開日:2007-11-05

このページの先頭へ戻る

本部便り

9月
 
○ 瓊林会本部専務常務臨時会議開催
(議題)
1、 経済学部百周年募金支出に関する協定書
2、 公益法人制度改革
・現行の公益法人制度は一般社団法人と公益社団法人に分かれる
公益性の判断が重要になる 20年12月末に法律が施行され
移行期間は5年間 
3、 瓊林会の今後の課題〜活性化のためにどのようなイベントを
行うべきか
・離島など地方中高校への同窓生講師によるゼミナールの実施
4、 その他
・広域懇親会 9月22日 博多アサヒビール工場 
九州 山口支部会員へ呼びかけ
・役員会の定期開催(3ヶ月)
・学部長との会議定期開催(3ヶ月)
○ 経済学部9月期卒業式 9月28日
16名 昼間部10名(女性2名)夜間主(女性2名)
お祝い状 瓊林会案内小冊子 新住所申請はがき
校歌CDを進呈
若人の前途に幸あれかしと祈る!
○ 夏期休暇終わる
8月上旬に学期末試験は終わって長い夏期休暇をしっかりと
楽しんできたと思う さあ明日から新学期だ
○ 広域懇親会開催 9月22日(土)アサヒビール博多工場
福岡支部 大牟田支部のお世話で九州 山口の11支部から
出席者101名が参加した 
普段は会えない同期生 先輩 後輩 知人との邂逅を
喜び合った
福地会長卓話 工場見学 出来立てビール試飲会
 焼肉パーティと変化に富んだイベントが楽しめる
佐世保支部からただ一人参加した蒲原喜志郎氏(学3)は
「こんな楽しい会があるとは知らなかった 
偶々博多へ出てきたので此処に立ち寄った
 出席して良かった 来年も出席しようと思います」
家族連れで参加した橋口美智子さんは
「娘たちと三人で来ました
こんな楽しい同窓会があるなんて
娘を経済学部へ入れて本当に良かった」
我々長崎組も満足いっぱいでJRにゆられて岐路に着いた
「多々益々弁ず」ではあるが「出席したい希望者がある限り
続けて欲しい」
堺さん始め福岡 大牟田支部の皆さん お世話になりました
 
福地会長卓話要旨
○ 最近感じていることなど
1、 情報を読み取る眼を養う
現在は情報が溢れている 数多くの情報の中から自分に役立つ
情報はどれかを読み取ることが大切である
「アメリカはイラクに戦争を仕掛けるか それは何時か」と
外交評論家岡本行男氏に尋ねた事がある
「情報の中から仮説を立ててみる」との答があった
仮説設定
イ、近代戦争は制空権を握らなければならない
ロ、砂嵐の時期を避ける
ハ、船団に兵隊を待機させる 等の情報から時期を判断することが
出来る
2、「何をやるか」と「何をやめようか」を明確に
  小学生に英語を教える是非を問われた時に「英語を入れる
代わりに何をやめるのか」と答えた 
英語はしゃべれても話す内容が乏しくては話にならない 
  しっかり話すことが出来る教育をすべきである
3、「デジタル化」の中で「アナログ」を忘れない
  デジタルは金棒であって鬼になってはいけない 
鬼はあくまでアナログである
4、隣の知恵と自分の知恵とを結び付ける
  縦割りの知識だけではなく横割りの知識を利用しなければ
ならない
  夜の付き合いはは隣の係りの人と過ごすようにしたいものである
  お互いの知識と知恵を活用して行くべきである
 
▼来月の予定
・グリークラブ公開練習 母校大講義室 
13日(土)12:30〜16:30 
ご聴講大歓迎
・経専40回 不惑会全国大会 10月25日(木)富貴楼
・学部12回 全国長崎大会  10月13日(土)
・長柔会全国長崎大会     10月27日(土)
                                  以上  
 
 
 
 
 

公開日:2007-10-02

このページの先頭へ戻る

「広域懇親会」開催のお知らせ

                             平成19年9月吉日
瓊林会会員 各位
                      瓊林会専務理事 井手 清三
                       長崎支部長      藤木   博
                      大牟田支部       堺   藏次
 
猛暑の日々が続いていますがご清栄のこととお喜び申しあげます。
日頃から瓊林会活動にご協力いただきましてありがとうございます。
 さて、昨年開催しました「福地会長を囲む会」には地元福岡支部は申すに及ばず近隣支部さらに九州一円から家族連れを含む多くの同窓生が集まって楽しい一日を過ごす事ができました。
今年も各支部の交流を深めようと下記要領で開催いたします。
皆様の積極的ご参加をお願いいたします。
 
                                        記
広域懇親会(「福地会長を囲む会」改称)開催のご案内
◎日 時:平成19年9月22日(土)
14:00〜15:00 アサヒビール工場見学 試飲会(生が抜群に美味い)
15:15〜15:45 福地会長による卓話
16:00〜17:30 懇親会  ラストは「暁星淡く」の大合唱
            ジンギスカン祭コース、生ビール等お気に召すまま
〇会 場:アサヒビール 博多工場
      福岡市博多区竹下3−2−19 .092−482−7887
     JR竹下駅下車徒歩5分
〇会 費:¥3000− アサヒビール様のご厚意で特別価格適用
      当日会場でいただきます ご家族同伴大歓迎です
〇参加者:瓊林会会員およびご家族 ご友人
〇参加予定人数:100名
〇主 催:瓊林会本部 福岡支部 大牟田支部  
※申込先 瓊林会事務局
 .821−4567 FAX.821−4569 
長崎支部から20名の参加者を期待しています。積極的にご参加願います。
福岡近郊在住のご友人との会合もお楽しみください。
 
 
 

公開日:2007-09-06

このページの先頭へ戻る

本部便り

8月
 
○ 広域懇親会 (福地会長を囲む会を改称)
案内状発送
各支部長を通じて会員諸兄姉へ懇親会への参加を依頼した
                     記
「広域懇親会」開催のお知らせ
日時 平成19年9月22日(土)
   14:00〜15:00 アサヒビール工場見学ならびに試飲会
   15:15〜15:45 福地会長 卓話
   16:00〜17:30 懇親会
          ジンギスカン祭コース、
生ビール等お気に召すまま
会場  アサヒビール 博多工場
    〒816−0095 福岡市博多区竹下3−2−19
    TEL.092−482−7887
    JR竹下駅下車徒歩5分
会費  ¥3000− アサヒビール様のご好意で特別価格適用
参加者 瓊林会会員 ご家族 友人
主催  瓊林会本部 福岡支部 大牟田支部
申込先 大牟田支部 堺 蔵次(学25)
    メールアドレス kura@ kurasi.net
         FAX    0944−52−3748
    問合せ 090−1084−0066
    申し込みは、各支部でもOKです!
懇親会のフィナーレは校歌を歌いましょう
なお当日の午前中は博多観光、ショッピングにご利用ください
 
○9月中アジアマンス開催中 福岡市各地にて(市役所ふれあい広場等)
アジア太平洋フェスティバル(9/22まで)
アジアステージ(パフォーマンス)アジア屋台(一流シェフの味堪能)
アジアプラザ(各国物産展)等々
○ 午前中の散歩
 大濠公園周辺がお奨めです
大濠公園、福岡市美術館、福岡城跡、舞鶴公園等 
落ち着いた雰囲気の中で福岡市の歴史と文化に触れられる
最高のエリアです
天神から大濠公園まで地下鉄で僅か5分です
 
○ 長崎県新産業創造構想
長崎県では、県内産業の活性化と雇用の拡大に向け今後5年間で
発展させていく産業分野や重点的に取り組むプロジェクトなどを
具体的に示した「長崎県新産業創造構想」を策定した
 
○ 五つの分野で新産業の創造をめざしている
新しい構想では、本県の強みを生かして、将来の静聴が期待できる
五つの分野で世界に通用する技術を持つ「長崎型新産業」の育成を
めざす計画である
例えば、国内最大の製造拠点がある風力発電や最先端の量産工場が
ある太陽電池などの「新エネルギー・環境産業」感染症研究などの
分野で世界最高水準の長崎大学の研究をはじめ医療や工学の優れた
研究成果を活用した「医療・福祉産業」などの分野である
 
○ 産業界が真に求める人材の育成と供給
主な取り組み
1 大学・高専等や産業界との連携による人材育成
2 企業ニーズに即応した研修カリキュラムの設定
3 高度の技術等を有する「団塊の世代」退職者のUターン促進
 
上記構想は「官学産」提携によるものであるが瓊林会には経営面に
堪能な実務者の紹介を依頼したい 
森田孝明氏(学34)県産業労働部新産業創造課)が経済学部
岡田裕正教授同伴で来局された
長崎県が育成する新産業企業の経営・経理面の担当者の紹介を
依頼された
○ 濱頭昭夫氏(学10)来局
 「長崎の子供達へ能楽を」実行委員長
 能楽を見て感動しここ30年来 子供達に本物の能学を
見せ続けてきた
 能楽の夕べ 平成19年10月29日(月) 
18:30 長崎市公会堂
能 安宅 観世 喜正  森 常好 ほか
○ 瓊林111号の原稿募集中
  テーマ 自由 締切 10月末
来月の予定
    広域懇親会 平成19.9.22.(土)
    アサヒビール 博多工場
                                           以上
 
 
 
 
 
 
 

公開日:2007-08-31

このページの先頭へ戻る

本部便り

7
 
○ 平成19年度経済学部オープンキャンパス開催
1、日時:7月21日(土)13:30〜16:00
2、会場:第一会場 大講義室  収容人数 530名
    第二会場 本館121講義室 収容人数 200名  
3、スケジュール
 ・学部長挨拶
 ・日程説明
  ・入学試験概要説明
  ・カリキュラム等説明
  ・就職関係説明
  ・パネルディスカッション 在学生からのメッセージ
  ・模擬授業 我が国における公的介護保険制度の仕組み
  ・アンケート記入
  ・個別相談
4、長崎大学オープンキャンパス参加者数
        申込者数  参加者合計   内高校生
経済学部    727         687        645
医 学 部     250         203        189
歯 学 部      47            67         47
薬 学 部    362          322        303
工 学 部     671         630        612
環境科学部   245          219        204
水産学部   144         139        133
教育学部  1469          1296       1277
良き後輩達に幸あれ!
○ 学部学期末試験 7月31日〜8月6日以後9月末まで夏期休暇
○ 各支部総会
  東京支部 7月14日(土)14:00〜18:00
  大阪支部 7月21日(土)10:30〜15:00
いずれも福地会長、井手専務理事が出席された。
○ 長崎支部総会 
   6月30日に開催したが星野憲司氏(学50)が写真100枚弱を撮って
いただいた。
  米寿の井手鐵郎先輩、久保和幸先輩の力強い万歳三唱が
良く撮れていた。
○ 学生による就職活動支援プロゼクト
  就職内定者(長大規模)の4年生有志が後輩に就職支援を行っている。
   6年前に設立。長崎県の就職活動生(新卒)を対象とした支援活動をしている
    代表者下村明弘君が訪ねてきてアサヒビールへの紹介を依頼してきた。
  12月1日の合同企業説明会への参加依頼である。
   福地会長へお願いしたところ快諾を得た。
   プロゼクトから歓声があがった。
○ 21万羽プロゼクト千羽鶴
    昨年卒業したO君が訪ねてきて原爆忌にあわせて長崎広島の犠牲者
21万人を供養する為に折鶴21万羽を捧げるので瓊林会に協力を依頼してきた。
   O君には百周年提灯行列で大変御世話になった。
  広島支部総会の折、原爆ドームに奉納してある膨大な数の千 羽鶴を見た感激もあって折り紙2000枚を引き受けた。
   事務局を訪ねて来る人ごとに50枚単位でお願いした。
   学生さんにゼミナール連合協議会を通じてお願いしたら800羽を持ってきてくれた。
    最高一人で1000羽折った人もいて合計2700羽になった。
   協力してくれた人に聞いたら奥さんと一緒に折ったという人が多かった。
   折鶴には夫婦円満にも一役買っていただいたことになる。
 
▽来月の予定
○ 長崎支部二十日会
   日時:平成19年8月20日 18:00〜
   会場:ホテルニュー長崎
   講師:大和証券長崎支店長 谷口佳三氏
   テーマ「世界から見た」日本〜日本経済の行方と資産形成〜
○ 原爆忌
   広島 8月6日
   長崎 8月9日
○ お盆休み(本部) 8月13日(月)〜16日(木)
○ 瓊林111号原稿募集中 期限10月末
  自分の文章が活字になると楽しいですよ!
 
 
       
 
 
 

公開日:2007-08-01

このページの先頭へ戻る

本部便り

6月
 
○ 通常総会
6月9日(土)名古屋支部主催で名古屋市主税町 三菱東京UFJ銀行
主税町クラブで開催した。
会員総数15、277名、出席者65名、委任状出席750名で定足数達成
議題 
第1号議案 平成18年度事業報告並びに収支決算書承認の件
第2号議案 平成18年度芙蓉寮収益事業特別会計承認の件
第3号議案 平成19年度事業計画案並びに収支予算案承認の件
第4号議案 平成19年度芙蓉寮収益事業特別会計予算承認の件
第5号議案 役員改選の件
いずれも満場一致で承認された
役員改選は東京支部長交代によるもの
退任 支部長 野中茂美氏(学12) 理事 三浦康寿氏(学8)
    稲山清紀氏(学12)
新任 支部長 笠 貞純氏(学15) 理事 秋岡孝也氏(学12)
    平川文彦氏(学15)
支部長笠貞純氏は社団法人 瓊林会副会長を兼任
引き続き懇親会ではマンドリンの友情出演があり懇親会後半では
名古屋支部事務局長 山田三明氏を皮切りに、マンドリン伴奏で
のど自慢の会員が童謡から歌謡曲まで幅広いレパートリーで得意の声を
披露して楽しい通常総会となった。
○ 広島支部総会
4年ぶりの総会に福地会長が始めて出席された。
広島支部でも支部長の交代があった。
高商32回篠原康次郎氏が勇退されて久田耕路氏(学9)が就任された。
会場の繁華街流川のすし屋さんに所狭しと会員30数名がひしめきあった。
篠原前支部長は広島相互銀行元頭取で30年以上も支部長を務められた。
久田新支部長を始め吉田平八氏(経専44)、生玉時男氏(学10)と
長崎県人が多かった。長崎県人会の活動も活発のようだ。
経済学部硬式野球部で海星高校との対抗戦で、甲子園投手から場外ホームランを
打ったのが学生時代最大の思い出と話してくれた猛者も居られた。
○ 山口県三地区合同総会
6月23日(土)今回は下関で開催され福地会長、井手専務理事が出席された。
支部長 田原鐵之助氏(学13)が勇退されて新支部長に末吉厚志氏(学13)が就任。
高商31回上田興典氏、高商35大浜清人氏から学44本多富治氏まで
27名が出席された
下関支部16名 山口県中部支部4名 周防支部5名 
北九州より2名
福地会長挨拶 自己紹介 校歌斉唱 
万歳三唱 周防支部長 薩本猛夫
「校歌 暁星淡く」は何時、何処で歌っても青春時代へ誘ってくれる。
三支部廻り 持ちで開催していて次回は山口県中部支部での開催となる
○ 長崎支部総会 
総会に明け暮れた6月の打ち止めは長崎支部総会だった。
6月30日、ホテルニュー長崎で開催した。
「瓊林会の活性化は総会への出席者に比例する」との福地会長の
持論に応えるべく藤木博新支部長の下、各回幹事、職域幹事
担当幹事学年学部37回(古川敬弘氏外)、学部38回(藤原守氏外)の協力を得て
出席者の拡大に懸命となった一ヶ月だったが飛躍的効果は得られなかった。
量で駄目なら質で行こう。
今回は福地会長の講話をお願いしている。
テーマ「ビジネスマンライフ半世紀から得た処世10訓」
これをベースにして学生を招待する事にした。
学務係りの協力を得て学部内に講演会公募のポスターを貼って
学生にアッピールした。効果は覿面、40名の希望者が集まった。
アトラクションとして「情熱のスペイン・フラメンコ」恒例の福引を
組み入れた。
一般会員の当日申し込みも多く総勢260名を越える大盛況となった。
来賓として経済学部長 東條正様、須齋教授、是枝教授、
林川講師、福地会長、福岡支部事務局長 坂東仁朗氏が
出席してくださった。
米寿の方3名。高商34井手鐵郎様 高商34久保和幸様 
高商36橋本清康様
喜寿の方13名。経専44有谷将志様外12名のご出席をいただき全員でお祝いを
分かち合った。
女子学生は勿論男子学生も盛装で参加してよく食べよくしゃべり楽しそうだった。
OBとも仲良くテーブルを囲み、会長を囲んだ写真撮影に大喜びだった。
乾杯は高商37黒岩二郎様、万歳三唱は経専40前田三郎様、
米寿の方も一緒に声高らかに三唱された。
締めくくりは恒例の「暁星淡く」、学38井上重幸氏の巻頭言も素晴らしく300名の
大合唱で楽しかった総会の幕を閉じた。
6月は総会に明け総会にくれた一ヶ月だった。
 
▽7月の予定
福岡支部総会  7月 7日 (土) 福岡都ホテル
北九州支部総会 7月11日 (水)
東京支部総会  7月14日 (土)
 
 
 

公開日:2007-07-05

このページの先頭へ戻る